カタバミやオオバコなどの植物のことについて

花のことについて勉強しました。カタバミ(傍食)は、カタバミ科で別名スイモノグサ(酸い物草)とよばれるように、シュウ酸を含んでいて口にするとすっぱい味がします。葉、花ともに明るいと開き、暗くなると閉じます(睡眠運動)。種子は遠くへ飛びます。オオバコ(大葉子)は、オオバコ科で道ばたなど人のふみつけの多い所に生えます。5〜9月にたくさんの白い花が長い穂の下から上へとさいていきます。また、めしべが早くおしべが遅く熟します。種子は人などについて運ばれます。次はキクの仲間についてです。キクの仲間はノゲシ、ハルジオン、ハハコグサ、エゾタンポポ、カンサイタンポポなどがあります。次は、マメの仲間についてです。マメの仲間はレンゲソウ、カスマグサ、ミヤコグサ、カラスノエンドウなどがあります。次はナズナの仲間についてです。ナズナの仲間は、イヌナズナ、マメグンバイナズナ、イヌガラシ、タネツケバナなどがあります。勉強して良かったです。お金 即日 融資

相互に武力によって攻撃しないことを約束した

勢力均衡について勉強しました。安全保障の形態には、勢力均衡の方式と集団安全保障の方式があります。勢力均衡の方式はつねに軍事同盟を拡大し、世界的規模での戦争を誘発する危険性をもっているそうです。第一次世界大戦前の三国同盟(独・伊・墺)と三国協商(英・仏・露)の対立、第二次世界大戦前の連合国(米・英・仏・ソ・中など)と三国同盟(日・独・伊)の対立は、その代表的なものです。これに対して、集団安全保障の方式は対立関係にある国家をも含めて、関係国すべてがこの安全保障体制に参加し、相互に武力によって攻撃しないことを約束しました。そして、約束に違反して平和を乱す国家がある場合には、関係国のすべてが協力して違反国に制裁を加えるというものです。国際連盟と国際連合は、この考え方に基づいているそうです。方式も具体的な適用の段階になると、必ずしも有効に機能しないことがあるそうです。知らないことがあったので勉強して良かったです。妊活サプリ