大人のぬりえブームの火付け役「ねむれる森」

早いものでそろそろ夏から秋、田舎では毎晩カエルと虫の鳴き声のコンサートです。お出掛けや宴会でちょっぴり疲れた身体を休めて、自室やリビングでゆっくり過ごすのも良いものです。
リラックス出来る過ごし方にも色々ありますが、今回おススメしたいのは大人の塗り絵。しばらく前にブームが到来し、今では書店に専用スペースが出来て塗り絵ブックの種類も増えていますね。そんな趣味の塗り絵の草分け的存在が「ねむれる森」。数年前から私もハマって、日々少しずつ楽しんでおります。ご紹介しちゃいましょう。
スコットランド出身のイラストレーター、ジョハンナ・バスフォードさんが「ひみつの花園」に続いて世に送り出した、大人の塗り絵シリーズ第2弾です。美麗で緻密な白黒の森、そこにはたくさんの動物や不思議なアイテムが隠れています。その奥には謎のお城も…? 思いのままにマイペースに色を塗っていけば、少しずつ森が貴方だけの輝きに満ちていきます。インクとペンで魅惑的な世界を作り出すバスフォードさんは「塗り絵を通して世界に創造性と幸せを広めていきたい」と日夜活動中。海をテーマにした第3弾「海の楽園」、熱帯の自然が舞台の第4弾「ふしぎな王国」、更に四季折々の記念日がテーマの第5弾「ジョハンナからの贈り物」も人気を集めています。
色鉛筆やクレヨン、水彩絵の具等、画材も好みの物が使えます。手頃な24色セットや36色セットでも十分に楽しめますし、色の濃淡で光、影や立体感を演出するのも面白いです。グラデーションや独自の模様を描き込む等、楽しみ方は無限大。またスマホ等で撮影して、デジタルツールで彩色を楽しむファンもいます。
完成したページをSNSで公開したり、他のファンの塗り方を見るのも楽しいですよ。塗り方は個性が出るので、同じページでも人によってまるで印象が変わるんです。ただ「まだ塗っていないページは楽しみにとっておきたい」という方はネタバレにご注意下さいね。
どんな風に塗ろうかというワクワク、1ページ仕上がるごとに味わえる達成感。ご自身の趣味や贈り物にもおススメです。ご家族やお友達と完成ページを見せ合うのも良いかも。お近くの書店やオンラインでどうぞ!https://www.rvmble.co/