公衆電話ボックスに久しぶりに入ってみました

とっても減ってしまいましたね、民衆携帯。旅立ち中にTELの充電がなくなってしまったので、携帯ボックスを探しました。大通りを行けば探せるだろうと早く考えたのが考え違いで、10分ぐらい歩いてやっとディスカバリー。中に入って驚いたのは、そのきれいさ。携帯ボックスといえば、いかがわしいお仕事場のチラシや名刺やシールが辺り一面に貼られていたものですが、今は全く何もありません。使い手がいないから、貼っても効果がないということでしょうか。ほぼきれいなほうがいいですけど、少々寂しいかな。携帯ボックスで思い出すのは、村上春樹さんの「ノルウェイの森」のラストシーン。キャラクターのワタナベノボルは携帯ボックスから緑さんに電話をかけます。そして電話をしながら、「ここは案の定何処です」と思うのです。携帯ボックスという異空白がかしこく活かされてある段階だ。でも「ノルウェイの森」のフィルム版では、携帯ボックスではなくて、下宿の携帯になっているのです。どう開きしちゃったのかな。自分としては納得いかないだ。携帯ボックスでロケ始めるぐらい簡単なときなのに。脱毛ラボ 料金 支払い方法