シュペーマンなどについて勉強をしていました

勉強をしました。ウニの場合、未受精卵を人工的に分割した後でも、精子と受精し発生を続けることができます。この性質を利用して未受精卵を垂直・水平方向に分割し、受精後の発生を調べました。この実験結果より、ウニが正常に発生するためには動物極側と植物極側の細胞質が同時に含まれている必要があります。またこのことは、ウニ卵の細胞質には動物極と植物極を結ぶ方向性(極性)があることを示しています。原基分布図を見ると、胚の各部分の将来の予定がわかります。その予定は、いつ決定になるのでしょうか。どのような実験でそれを解明できるでしょうか。シュペーマンは、色が異なる2種類のイモリの卵を用意し、�@原腸胚の初期、�A原腸胚の後期、�B神経胚の初期、と時期を変えて表皮になる部分の一部と、神経になる部分の一部を交換移植する実験を行いました。生体染色をしなくても、移植片を容易に追跡できます。知らないことを知れたので良かったです。女性ホルモン 増やす サプリ